山野美容専門学校の学生のみなさんへ

山野美容専門学校の学生のみなさんへ




 このたびの震災により、みなさんがそれぞれ落ち着かない日々を過ごしていることでしょう。辛い思いをされている方もおられると思います。この難局を乗り越えながら、そして「美容師」という夢に向かって、4月からの新年度を頑張っていただきたいと思います。

 ここで地震の日からこれまでの学校の動向についてお伝えします。
 3月11日の震災当日、学校は全学生・全教職員の安全を確認。けが人等はありませんでした。また校舎はガラス一枚割れることなく全くの無傷でした。ただし交通網の混乱により、982名の学生が帰宅困難になって校舎に泊まりました。翌日の12日には朝から電車が徐々に動き出し、正午過ぎには最後の学生が下校しました。
 14日には高等課程113期生の卒業式、16日には専門課程61期生の卒業式が行われました。たくさんのご父母のみなさまにもご臨席を賜りました。式典は予行演習なしの「ぶっつけ本番」でしたが、とても厳粛でまた暖かな式になり、「山野の学生は本番で力を発揮する」ことにあらためて感心させられました。
 専門課程の卒業パーティーは、卒業生の意向により急遽内容を変更し、料理などの経費を抑え、当初金額との差額約200万円を被災地に寄付することになりました。卒業生のみなさんの「人を思いやる気持ち」には心が震えました。
 17日からは通信課程のスクーリングが予定通り行われています。交通事情や計画停電などの不都合をものともせずに、約400名の学生が毎日通学しています。校内は節電のために廊下の照明が半分以下になって薄暗いのですが、学生のみなさんは明るく元気に授業を受けています。
 教員は新年度に備えてエデュケーションスキルアップのための研修会を行っています。みなさんの後輩となる新1年生を迎えるための準備も進んでいます。

 さて…
 高等課程114期のみなさん、いよいよ国家試験課題カットが始まりますね。
 115期のみなさん、「ヘッドスパ」の続きが待っていますよ。
 専門課程62期のみなさん、カリキュラムの真髄「テクニカルプロ」の授業が開始です。

 新年度もYAMANO教職員一同、力を合せてみなさんの学習サポートを行ない、そして学生全員が笑顔で卒業していただけるように頑張ってまいります。
 いつでもみなさんを応援しています。



平成23年3月25日

山野美容専門学校 副校長 土屋信介





* 緊急連絡サイトを毎日確認してください(http://www.yamano-bc.jp/i/
* 専門課程62期生は4月6日(水)が登校日になりました(14時から)
* 証明書等の発行業務は通常通り行なっています
* カウンセリングの専門家がいます(希望者は4月以降に健康相談室又はクラス担任へ申し込んでください)

« 前の記事へ | 一覧へ | 次の記事へ »

▲ページの先頭へ戻る
▲ホームへ戻る