着付け技術選手権「武市昌子杯」

先月9月16日、「武市昌子杯 着物着付け技術選手権」が東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルにて行われました。



 title="武市昌子杯"alt="武市昌子杯"
このコンテストは、プロの着付師の仕事と同じように「初対面のお客様と接する」ことが反映されるコンテスト。つまり、モデル・衣装・かつらなどのすべてが、当日の抽選によって決まります(本当の力が試される?!)。


また、出場者の50%はプロの美容師さん!まだ学生のみなさんが、プロの方達と競い合う場があるなんて、ちょっと信じられませんが、山野美容専門学校からは総勢20名の学生が参加しました。
(当日のコンテストの様子は、本校校長山野愛子ジェーンブログに掲載されています☆.。.:*・)




 title="ジャーナル賞受賞!"alt="ジャーナル賞受賞!"
そして、今回なんと2年生の唐橋秋奈さんが2つのジャーナル賞を受賞いたしました。

「自分では練習不足だと感じていたので、2つも賞を受賞できるとは思っていませんでした。すごくびっくりして、嬉しかったです。」とのことでした。おめでとうございます!!




 title="ジャーナル賞受賞!担任の先生と"alt="ジャーナル賞受賞!担任の先生と"
また、担当の清水明美先生に、美容師のお仕事としての「着付」についてお聞きしたところ、
「着付は、美容師なら出来て当たり前の技術。学生のうちから技術を身に付ければ、就職後の即戦力になります。」とのことでした。
YAMANOでは美容師の国家試験受験資格の他、男女ともに着付教室を開くことができる着付師の資格が取得できます☆


そして10月2日、コンテストの出場者を招き、M・YAMANOタワー27階にて慰労会が開かれました。



 title="慰労会"alt="慰労会"
本校理事長と記念にパチリ☆出場者のみなさん、大変お疲れさまでした!受賞に関わらず、コンテストへの参加はとても貴重な経験です。今回の経験を活かしながら、今後も様々なことに挑戦し、それぞれの技術を磨いてくださいね!




« 前の記事へ | 一覧へ | 次の記事へ »

▲ページの先頭へ戻る
▲ホームへ戻る