ミスセブンティーン有末麻祐子さんの美肌の秘訣!!

6月6日のオープンキャンパスには、細くて肌もピカピカ!ミスセブンティーン有末麻祐子さんがゲストとして来校しました♪



 title=""alt=""
美肌の秘密を聞こうと控え室にお邪魔し、突撃取材したところ・・最近、全ての基礎化粧品を新しくしたそう。「肌にやさしいものに変えました。」という有末さん。モデル肌の秘訣は、どうやらスキンケアにありそうですね。




 title=""alt=""
「スキンケアの中では、クレンジングが一番大事。」という有末さんは、オイルクレンジングを<乳化>させることで、皮脂の汚れをきれいに落としているそうです。




<乳化>って??という質問に、「クレンジングを顔全体につけたあと、一気に落とさずにまず手を洗い、手についた水とオイルをやさしく混ぜ合わせると、オイルが白く<乳化>します。それを何回か繰り返して、少しずつ落とします。乳化しないものもあるので、乳化するオイルクレンジングを使っています。」と丁寧に答えてくれました♪




 title=""alt=""
スキンケアも大事だけど、もちろんメイクにも“超”こだわる有末さん、最近は目尻に付けマツ毛をつけることがマイブーム。 「全部につけるとバサバサになるから、ナチュラルなものを目尻につけて、自分のマツ毛となじませています。」
みなさんも是非一度トライしてみては?!.。.:*・゜




 title=""alt=""
ちなみに6/6のオープンキャンパスの様子がセブンティーン9月号(8/1発売)に掲載されます。お楽しみに!








 title=""alt=""
さて、身近なヘアアレンジから見事なヘアカットまで、幅広いデモンストレーションを見せてくださった本日のゲスト、antiの杉田さんですが、「美容師ライフにおいて、感動した誰かの言葉は?」という質問に、意外な言葉が・・・。





 alt=""title=""
<ひとつは全部>というantiオーナーの言葉です。どんなに些細なことでも、それは全部に影響するという意味です。ひとつの動作を雑にやる人は、全体でみてもやはり雑。逆にちょっとしたことにも丁寧な人は、全体的に丁寧な印象。ひとつひとつが自分の全体像を作っているということを忘れずに、僕自身も日々気をつけて過ごしています。」とのことでした。


<ひとつは全部>・・・奥深い言葉ですね・・。






 title=""alt=""
さて、こちらはワークショップの様子。東京都からお越しの可愛らしいお二人。福井さん(左)と月岡さん(右)にお話を聞きました♪


 title=""alt=""
「学校見学で授業の様子を見て、オープンキャンパスにも来たくなり申し込みました。全部のワークショップをやって、スタンプラリー制覇を目指します!」とのこと。廊下でモデル撮影させていただきました!





 title=""alt=""
一方こちらは早くもスタンプラリー制覇をした瀬戸くん。
「高2のときからオープンキャンパスには10回以上来ています。親切な人が多くて校舎もきれいだし、先生方に名前を覚えてもらって嬉しいです。山野しか考えていません。」とのこと。来月からは、いよいよAO入試のエントリーが始まります。早めに申し込んでくださいね!




« 前の記事へ | 一覧へ | 次の記事へ »

▲ページの先頭へ戻る
▲ホームへ戻る