芸術祭の校内予選を開催

9月30日、山野美容専門学校の山野ホールで第59回芸術祭全国大会の校内予選会が開かれました。今回のブログは予選会の模様をお伝えします!





 title=""alt=""
芸術祭は美容学生やプロの美容家が集い、美容技術を競い合う全国大会。校内の予選会では、着付の「留袖」「振袖」のほか、「カット」「ワインディング」「メイク」の各部門で行われ、本選に出場する上位入賞者を決めました。





 title=""alt=""
メイクはモデルにフォーマルのメイクを施し、髪や顔、装いなどトータル的にコーディネートするもの。審査のポイントはテーマに沿った色使いやバランスがとれているか。選手の皆さんは20分の競技時間に集中しましたよ☆





 title=""alt=""
こちらは美容師の国家試験の課題にもなるワインディング。制限時間内に、髪の配分や髪を巻くロッドの配列、さらに全体のバランスがとても大事です。





 title=""alt=""
カットはモデルウィッグに最新の流行を反映させたフリースタイルが競技に。現代性あふれるデザイン、技術、創造性が審査のポイントになりました。





 title=""alt=""
さらに「花嫁着付け部門」では、すでに全国大会の出場が決まっている、モデルさんが会場内をウオーキング、華麗な姿を披露しました。綺麗ですね.。.:*・°






 title=""alt=""
最優秀賞に選ばれた留袖の技術者、清水愛さんは「びっくりしました。自分が最優秀賞に選ばれるとは思いませんでした」と喜びもひとしお。さらに振袖の技術者、三角なつみさんは「緊張せずに楽しめました。全国大会までにこれまで以上に練習しないといけないですね」と気持ちを引き締めました。





芸術祭は10月20日(火)横浜アリーナで開催されます。詳しいお問い合わせは財団法人国際美容協会へ。山野美容専門学校をはじめ、全国の予選を勝ち抜いた選手たちのレベルの高い技術をぜひ、目の当たりにしてくださいね☆

« 前の記事へ | 一覧へ | 次の記事へ »

▲ページの先頭へ戻る
▲ホームへ戻る