Hair&Make-upフォトコンテスト入賞!

山野美容専門学校の学生がHair&Make-upフォトコンテスト入賞しました!
テーマは「ファンタジー」。モデル部門とウィッグ部門に分かれ、全国55校の理美容専門学校やメイクアップスクールが参加しました。入賞作品をご紹介します★



 title=""alt=""
写真の作者は2年3組 甲斐美穂さん。柔らかく幻想的な雰囲気で、ふわふわとした不思議な世界が出来上がっています。

「髪の毛から何かが生まれるイメージを創りたいと思って始めました。『髪の毛からカゴが出来た』のを表現するのに、一体感を出すのが難しかったです。」と話す甲斐さん。モデルは違うクラスの子で、以前から「彼女で作品を創ってみたかった。」そう。




 title=""alt=""
自ら「肉食系女子」と語る甲斐さんのマイブーム「ひとりスタバ」。外国小説などを読みながら、ゆったりとした時間を過ごすのが好きなのだそう。



 title=""alt=""
「メイクが好きで山野に入学しました。この2年間色々あって考えることも多かったけど、やりたいことは結局変わらなかった。今から入学する人も、今一番強く思っていることが最終的に将来目指すものになると思って頑張ってください。」と力強いメッセージをもらいました!






 title=""alt=""
写真の作品は、1年2組 長橋美保さんの作品。
「学校で習った編み込みでアップスタイルを作りました。メイクを黒にしたので、全体を黒で統一しました。テーマの“ファンタジー”に合うように、フェザーを多く使っています。」




 title=""alt=""
「学校生活はどうですか?」と質問すると、
「全部楽しいです。クラスの友達も優しいし、授業も面白い。入学してからネイルに興味が出て、この秋にネイルの検定試験を受けました。来年はネイルやカットなど、もっと色々なことに挑戦したいです。」とのことでした。頑張ってくださいね!






 title=""alt=""
そして最後は、1年2組の島元子さんと池田優希さんによる合作。南国風植物とバルーンを背景に、カラフルなヘアとメイクが目を引く作品です。





 title=""alt=""
島元子さんはヘア担当。「テーマがファンタジーなので、虹をイメージして作りました。七色のカラーリングが大変でしたが、ハイライトを使って馴染むように工夫しました。色彩は生活にも関係するので興味深いです。先月は色彩検定にも挑戦しました。」と、とても意欲的な島さん。



「YAMANOは生徒数が多いので色々な人と友達になれます。今回の作品も、カメラに詳しい友達がいたので撮影協力をお願いしました。」と、充実した学校生活を語ってくれました。





 title=""alt=""
メイク担当の池田さん。好きな授業は「シャンプー」 「実践的だし、シャンプーされてるときは気持がいいから好きです。」とのこと。

「今の一年生は、有志でショーをするグループが3つくらいあって、私たちも参加しています。次回のショーが楽しみです。」と、とても息の合う池田さんと島さん。



テーマが一つでも、作り出される作品はさまざま。そんな個性溢れる山野美容専門学校に足を運んでみませんか?
学校見学のお申込みはコチラ(携帯でご覧の方は「学校見学はコチラ」をクリックしてください。)

みなさまのお越しをお待ちしています!




« 前の記事へ | 一覧へ | 次の記事へ »

▲ページの先頭へ戻る
▲ホームへ戻る