山野美容専門学校 ホーム > NEWS > コンテスト > 校外コンテスト受賞者発表

NEWS

校外コンテスト受賞者発表

ブログ [ コンテスト ]

2012年11月21日

今回のブログでは、11半ばに行われた校外コンテストに出場し、入賞を果たした学生をご紹介します。

まずは、『第35回セフティワインディングコンテスト』のデザイン部門に出場し、見事 優勝に輝いた2年8組の佐藤陽亮くん。プレッピー賞も同時受賞でした。

「東京に行くからには絶対に頑張ろうと思って、毎朝7時に学校に来て練習していました。

昼休みも10分でご飯を食べて、残り時間をワインディングの練習に当てたり、

放課後も残れる時間ギリギリまで残って、毎日練習していました。」

とのエピソードにビックリ。すごい練習量ですね!

「ワインディングの練習で一番嬉しかったことは、同じモチベーションの友人に恵まれたことです。練習に疲れたときでも『まだいけるっしょ!』と雰囲気づくりをしてくれたり、彼を見て、自分もまだまだいける!と頑張ることが出来ました。」

とのことでした。この度の受賞、本当におめでとうございます!

同じく『第35回セフティワインディングコンテスト』のデザイン部門に出場し、ジャーナル賞『髪書房賞』を受賞した2年11組の加藤芳恵さん。

「1年生のときに、ワインディングコンテストで先輩たちが作品を作っているのを見て、カッコいい!と思い、去年の秋頃から本格的に練習し始めました。」

「ワインディング以外に、カラー、カット、着付け、メイクなども頑張っています。色々なことが出来た方がお客様の要望に応えることが出来ると思うので、出来る限りたくさんの技術を身に付けて卒業したいです。」

お客様の要望に応えたいという気持ち、とても素敵ですね。

さて、もうひとつの校外コンテスト

『2012年 ホリベモードサークルインターナショナルH.Iアーティドレストヘアーコンテスト』に出場した選手の中から

入賞者をご紹介します。

まずは、ジャーナル賞『週刊美容賞』を受賞した2年17組の田垣魁斗くん。

「もともとYAMANOの先生や美容師の両親から、ヘアアレンジの出来る美容師が少ないと聞いて、1年生の頃からヘアアレンジコースを選択していたんですが、のめり込んだのはクラスメートがきっかけでした。」

「授業内でコンテストが行われ、彼が1位で自分が6位だったんです。それ以来、負けず嫌いに火がついて練習を繰り返し、2年生のテクニカルプロコースでは1位を取れました。自分に刺激を与えてくれたクラスメートに感謝しています。」

田垣くんは、就職活動のときもヘアアレンジの作品をPRし、内定をいただいたそうです!

同じく『2012年 ホリベモードサークルインターナショナルH.Iアーティドレストヘアーコンテスト』に出場し、ジャーナル賞『週刊美容賞』を受賞した2年16組の郭小燕さん。中国からの留学生です。

「ヘアアレンジが大好きですが、着付けも好きです。チャイナドレスはきれいな体型じゃないと美しく見えませんが、着物は体型をカバーして女性を美しく見せることができます。女性の魅力をアップさせる素晴らしい民族衣装だと思います。」

「コンテストに出場すると、入賞に関係なく自分の技術が絶対にアップします。だから入学したらコンテストに積極的に出ることをお勧めします。」

とのことでした。選手として出場したみなさんお疲れ様でした。更なる技術の向上を目指し頑張ってください!

[ コンテスト ] | 2012年11月21日11時02分 |
この記事のリンク
オープンキャンパス
学校見学
資料請求
ページ上部へ